デンタルケアはサボっちゃダメ!

歯科矯正治療にかかる費用

矯正歯科治療の料金は、咬み合わせや歯並びを部分的に治す場合と、全体的に治す場合で異なります。
また、低年齢時に早期治療を行い、永久歯に生えかわってから本格治療を行う場合には、通常別々に矯正料金を設定します。
はっきりした費用は、咬み合わせや歯並びの状態を診て、いつ、どのような装置を使って治すか、歯を抜く必要があるかどうかなどを精管検査に基づいて診断し、治療方針が決定してから決まります。

患者さんによって歯並びの状態は千差万別で、矯正歯科治療の費用は、治療の難易度や治療期間、矯正装置の種類などによって決まります。
例えば、7歳という年齢で、前歯だけを部分的に治すのであれば、それほど費用はかからないと思います。
しかし、 一見、単純に見えても複雑な要素がからんでいる場合も多く、もし歯が曲がって生えてきた原因が、その歯の根元に埋まっている別の余分な 歯(埋伏過剰歯)にある場合、これから生えてくる歯や、あごの成長発育なども考えながら、治療方針を決める必要があり、永久歯に生えかわってからの本格治療が必要になる場合もあります。
そういう場合は、相応の時間と費用がかかってくることも考えられます。

2018年現在、大体の矯正歯科専門開業医の初診相談料は通常2~5千円、精密検査・診断料は4~7万円ぐらいが相場のようです。
矯正歯科医に口の中を診てもらうと、治療の内容や費用のアウトラインがわかりますので、まずは矯正歯科医に相談されることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です