デンタルケアはサボっちゃダメ!

歯科矯正医院の選び方

最初に知っておくべきなのが、現在の「歯科医師法」では、歯科医であれば誰でも、「一般歯科」「矯正歯科」「小児歯科」「口腔外科」の四つを、治療科目として掲げることができるという点です。
また、専門医と看板に出すことは、まだ認められていません。したがって臨床経験が少なく、技術的にも簡単な矯正歯科治療のみを対象とする場合でも、「矯正歯科」と看板に掲げられることがあるということです。

よい矯正歯科医・診療所を選ぶには、まず、矯正歯科専門の開業医かどうかチェックしましょう。
「一般歯科」と「矯正歯科」の両方を掲げている診療所は、 一人の歯科医が両方を兼任しているか、または、大学病院などからの矯正歯科医が、日を決めてアルバイトで矯正歯科を担当している場合と考えられるので、看板などの診療科目が、「矯正歯科」だけの診療所の方が信用度は高いです。

また、日本矯正歯科学会の「認定医」 資格をもっているかどうかです。
認定医とは、学術団体である日本矯正歯科学会が定めている資格で、資格取得には、大学病院の矯正歯科での臨床研修歴が最低5年と、論文、自分で治した症例が30例という条件が必要となります。
この資格があるかどうかは、日本矯正歯科学会のホームページで確認することができます。

他には、日本臨床矯正歯科医会の会員であるかどうかです。
これは、患者のための共済制度が確率しており、万一、担当の矯正歯科医が病気になったりしても、治療が支障なく引き継がれる転医システムがきちんと備えられているものです。
また、育成・更生医療機関、 顎口腔機能診断施設である場合は、顎変形症や不正咬合などの治療に健康保険がきくので、対象の方には大切なポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です